ワードプレストラブル解決

ワードプレスを使用しててGoogleから「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました。と通知が来たので調べてみると、思わぬところに原因が,,,
それは、プラグインの『Google XML Sitemaps』でした。

ワードプレスのプラグイン『Google XML Sitemaps』を使用している場合、投稿や固定ページで非公開にしている場合でも、サイトマップに非公開のURLまで表記されているのです。

非公開のページをサイトマップに表記されたら、非公開のページにアクセスできないわけですから、エラーになるのは当然のことですよね(;O;)

『Google XML Sitemaps』が非公開のページを自動的に除外してくれたらいいのですが、パッと見、そういうチェック欄が無いので、非公開ページごとに除外するしか方法は無さそうです。
(robots.txt によるブロックも可能ですが、直すのが面倒なのでプラグインからの設定方法を紹介します)

おおまかな流れとしてまして、
 ①「インデックス カバレッジ」の対象となるURLがサイトマップに表記されている調べる
 ②その対象となるURLは非公開記事なのか調べる
 ③サイトマップに非公開記事が表記されているのであれば『Google XML Sitemaps』から対象のURLを除外
という流れになります。

「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました。というのが『Google XML Sitemaps』が原因なのかを調べる方法。

①『「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました』の通知のボタンをクリック

インデックスカバレッジgoogleメール

② Google Seach Consoleにログインして以下の画面が出るかと思います。エラーの部分をクリック

インデックスカバレッジ解決方法

③ 対象のURLをコピー

インデックスカバレッジ調べ方

④ コピーしたURLをブラウザで開く

インデックスカバレッジクロールエラー解決方法

⑤ WPで非公開記事だった場合、タイトル部分かどこかに『非公開』と表示されているはず

非公開記事がクロールエラー解決方法

これで、非公開記事がクロールエラーとなっているとわかりました。
次は、『Google XML Sitemaps』から対象の非公開記事を除外します。

プラグインの『Google XML Sitemaps』の設定する前に、やることが一つあります。

⑥ 非公開記事のIDを調べて、コピーする

ワードプレスの投稿記事・個別ページのID調べ方
※4ケタというわけではありません。

⑥ 『Google XML Sitemaps』の設定画面から先ほどのIDを除外する設定を行う

Google XML Sitemapsプラグイン設定方法
『投稿 (個別記事) を含めない』部分に非公開記事のIDを入れる
Google XML Sitemaps投稿 (個別記事) を含めない
最後に『設定更新』ボタンを押して終了です。

設定が完了しても、すぐに反映されるわけではありませんので、数週間後くらいに再度Google Seach Consoleから「インデックス カバレッジ」の問題にアクセスして調べてみてください。
対象のURLが無くなっていれば成功です。

今回の「インデックス カバレッジ」の問題解決は、あくまでも『Google XML Sitemaps』の原因によるものかなので、そもそも『Google XML Sitemaps』のプラグインをインストールしてない場合は対象外です。