未分類

Google Search ConsoleのDNSレコードでのドメイン所有権の確認方法(設定方法)

記事作成中です。

Search Consoleのプロパティー追加(サイトの登録)方法が変わりましたね。
全てのドメイン(サブドメインや下層ページ等)をSearch Consoleで追跡するには、
『DNS レコードの確認』が必要となります。

なぜ『DNS レコードの確認』が必要なのかというと、
Search Consoleでサイトを解析するにあたり、対象のドメインがあなたのドメインという証拠が必要なんですね。

Googleとしては、勝手に他者のドメインを解析するわけにもいかないので、
所有権の確認方法として、『DNS レコードの確認』と必要ということです。

そもそも、DNSって何?レコードって何?って思われている方は、無視して進んでいいです。
私もなんとなくでしかわかりません。

それでは、新しいGoogle Search Consoleの設定方法の流れを紹介します。

①ウェブサイトのプロパティを追加する
Search Console アカウントにウェブサイト プロパティを追加します。

②プロパティータイプの選択
サイト全体を解析したいので、プロパティータイプの選択は「ドメイン」の方です。
ドメインを入力して。「続行」ボタン

③DNSレコードでのドメイン所有権の確認

④TXTレコードをお持ちのドメインにDNS設定から登録します。
今回はムームードメインでのDNS設定を紹介します。

TXTレコードとは

TXTレコード(TeXT Record)とは、ドメイン名のDNS情報にさまざまな付帯情報を記述するためのもので、AレコードやMXレコードのような特定の用途、書式などはありません。

… 例えば、メール不正送信対策の「SPFレコード」などは、TXTレコードを使って記述します。

ムームードメインでのDNSレコードでのドメイン所有権の確認方法

ムームーDNS利用設定を行ってもよろしいですか?
⇒OKボタンをクリック

カスタム設定に切り替えてよろしいですか?
⇒OKボタンをクリック